屋根からの雨漏り火災保険は利用できるか

main-img

木造住宅や鉄筋コンクリート造のマンションを問わず、雨漏りは比較的発生件数の多い事案です。
その多くは建物の老朽化によるものであったり、施工上の問題であったりするのですが、雨漏り火災保険の適用となる自然災害が原因となって発生するケースも少なくありません。

雨漏り火災保険の評判が高いです。

暴風を伴う竜巻や台風によって屋根が破損した場合、状況によってはより保険金の支払額の多い「半壊」や「一部損壊」などと判定されて加入口数に応じた保険金が支払われます。


また破損の程度が比較的軽微で、自然災害後に雨漏りが発生したという状況でも、一時金や見舞い金などの保険金に相当する金額を受領することができます。


屋根の破損には雹害や外部からの飛来物なども含まれますので、自宅の雨漏りを確認した場合にはそれが災害とどのように結びついているのかを証明できれば雨漏り火災保険の保険金の申請ができるのです。申請に関する必要書類は、加入している雨漏り火災保険によって違いはあるものの、一般的には保険金請求書と災害によって被害が発生した旨を確認する証明書です。

NAVERまとめの情報を求める人におすすめです。

一般的には罹災証明書があればOKですが、雨漏りのような軽微な被害であれば、発生した日の前に雹害や突風などがあったことを証明する近隣住民からの印鑑付き証明書でも可能となります。



また、被害金額の算定のために修理業者への支払額が確認できる領収書または見積書があること、発生場所を明記した自宅の見取り図があればなお良いとされます。


大事な生活の事

subpage01

雨漏りの修理ともなると専門知識も必要となりなかなか個人のDIYで直すことは難しくなります。そうすると心配なのがその費用。...

more

生活について思うこと

subpage02

自宅が雨漏りをするということはそう頻繁にあることではなく、いざ雨漏りしてしまうと修理をどこに依頼すれば良いのかという疑問や修理費がいくらかかるのかということで頭を悩ませることになるのではないでしょうか。雨漏りの規模にもよりますが、かなり高額な費用が発生してしまうと考えてしまいます。...

more

よく解る情報

subpage03

実際に雨漏りを見たことがある方は意外に少なく、多くの方が天井からポタポタと雨水が滴り落ちてくるのだけを雨漏りだと思っているのではないでしょうか。ところが、雨漏りは天井からしずくが落ちてくるようになっている状態では、すでに末期症状だといえるのです。...

more

関連情報

subpage04

火事被害に備えて火災保険に加入されているかとも多いですが、風害による雨漏り修理も保険対象にされています。火災保険は火災、落雷、爆発、風災等広く住宅を巡る事故原因による損害を広く補償している保険だからです。...

more